スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「柳井」の由来は

「柳井」という地名には、伝説があるそうです。その伝説を尋ねて、「白壁の町並み」と反対方向にある湘江庵(しょうこうあん)というお寺を訪ねてみました。

柳と井戸0001

門の右横の看板には、次のように書いてありました。

柳井という地名は境内の柳と井戸に由来していると伝えられています。豊後国満野長者の娘般若姫は世にも美しい姫でありました。橘豊日皇子(用明天皇)に迎えられて上洛するとき大畠瀬戸で遭難一行は柳井に上陸し、里人の案内でこの井戸の清水を飲まれ楊の枝をさされたものが芽を吹いて以来楊井(柳井)とよばれるようになりました。


柳と井戸0002

その、柳井地名発祥の「柳と井戸」です。

柳と井戸0003

説明には「……この霊水を飲むと長寿が保て般若姫のように美しくなるといわれています」とありました。

柳と井戸0004

あっ……写真は撮ったけど…………お水は飲んでなかったわ!



詳しい地図で見る
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。